所属教員

愛知 真木子

愛知先生
職名:准教授
専門分野:分子生物学・植物生理学
学位:博士(農学・名古屋大学)

研究内容

遺伝子操作技術などを用いて微細藻類によるバイオ燃料を生産する研究をしています。また食虫植物等の窒素代謝の研究を通し植物の保全を目指しています。

教員からのメッセージ



石田 康行

石田先生
職名:教授
分析化学・天然有機物化学
学位:博士(工学・名古屋大学)

研究内容

細菌やプランクトンなどの微生物、及びヒトの血液などの様々な生体試料を化学の目で分析する方法を開発しています。開発した方法を応用し、微生物学や環境科学をはじめ、裁判科学や文化財学に至る広い分野の発展に貢献することを目指しています。

教員からのメッセージ



禹 済泰

禹先生
職名:教授
天然物化学・生理活性細胞化学・生物化学
学位:博士(農学・東京農工大学/医学・東京医科大学)

研究内容

天然資源から薬や機能性食品となるものを探しています。天然物資源(微生物や生薬、食品素材)から興味深い天然活性を有する化合物を見出し骨粗相症や歯周病などの骨疾患、肥満、糖尿病等などの生活習慣病改善の薬や機能性食品素材として開発研究を進めています。


教員からのメッセージ



太田 明徳

太田先生
職名:副学長・教授
農芸化学・微生物学・脂質生化学
学位:博士(農学・東京大学)

研究内容

膜脂質の細胞における役割と代謝が研究の対象です。真核微生物(酵母)を研究材料生物として、ゲノム情報や分子生物学的な技術で炭化水素の代謝の解明を進めています。

大西 素子

大西先生
職名:教授
分子生物学・生化学
学位:博士(医学・東北大学)

研究内容

細胞内のシグナル伝達機構とは、細胞外からの様々な情報を細胞内に伝える仕組みです。私たちはシグナル伝達機構を担う重要な分子であるプロテインホスファターゼの機能を解明し、細胞の増殖、分化、細胞死など様々な生命現象の制御を目指しています。

教員からのメッセージ



鈴木 孝征

鈴木先生
職名:准教授
バイオインフォマティクス・植物分子遺伝学
学位:博士(農学・名古屋大学)

研究内容

シーケンサーとコンピュータを縦横に使い、植物のゲノムを丸ごと解析する研究を行っています。




墨 泰孝

墨先生
職名:助教
環境動態解析・土壌学・植物栄養学
学位:博士(理学・信州大学)

研究内容

土壌微生物とその棲家である土壌の相互作用を解明し、土壌汚染の浄化や食料生産への微生物の活用を目指しています。現在は主に重金属汚染土壌を耐衣装に研究を行っています。



柘植 尚志

柘植先生
職名:教授
植物病理学
学位:博士(農学・名古屋大学)

研究内容

堤内 要

堤内先生
職名:教授
高分子化学・有機化学・分析化学
学位:博士(農学・名古屋大学)

研究内容

化学合成を駆使し、がん治療のための磁性ナノ粒子や生理活性多糖を調整し、その機能解析を行っています。また、H-D交換反応を用いて生理活性物質の安定同位体化合物を調整し、HPLC(高速液体クロマトグラフィー)とMS/MS(三連四重極型質量分析計)を組み合わせたLC/MS/MS(液体クロマトグラフィー質量分析法)を用いた高感度分析を可能にしています。

教員からのメッセージ

バイオサイエンスの最先端を開拓しよう!


中川 大

中川先生
職名:准教授
細胞工学・生理遺伝学・薬理活性物質化学
学位:博士(工学・東京工業大学)

研究内容

ヒト個人の間に存在する「遺伝子の違い」の視点から「疾患の発症」と「薬剤による副作用」の原因を解析し、これらの予防に役立てることを目指しています。

教員からのメッセージ



福田 雅夫

福田先生
職名:学部長・教授
微生物学・代謝工学
学位:博士(農学・東京大学)

研究内容

多様な物質分析に優れたオキシゲナーゼを含む微生物の分析酵素システムを高度に利用することを目的にしています。分解経路や酵素反応機構、酵素遺伝子発現機構を解明して分解効率の向上を活かし、強力な分解能力をもつスーパー微生物の開発を目指しています。

町田 千代子

町田先生
職名:教授
植物分子発生学
学位:博士(農学・東京大学)

研究内容

地球上における植物の生育は、人間が生きる環境にとって非常に重要です。私たちは、バイオテクノロジー技術を駆使して、植物の発生・分化に関わる遺伝子の機能を解明しています。

教員からのメッセージ



松本 吉博

松本先生
職名:教授
分子生物学
学位:博士(理学・京都大学)

研究内容

私たちのDNAは、内因性および外部環境からの原因により常に損傷を受けていますが、細胞はそれらを迅速に修復することにより、細胞死・突然変異・癌化を防いでいます。このDNA修復の詳細を解明する研究と共に、幹細胞のDNAに損傷を起こす抗がん剤の開発を行っています。